ラリー参戦

ラリー参戦

ラリー参戦

学生たちの「やりたい!」からはじまったビッグプロジェクト

夢の舞台に立ちたい。高い目標をめざしたい。そんな学生の気持ちが形になったラリー参戦。ドライバーはなんと本学教員で国際ライセンスを持った大橋先生(写真下中央)。そしてクルマの整備はすべて学生メカニックたち。万全の準備をしてなお起きる突発事故にも冷静に対処し、乗り越え、全員の力でゴールをめざす。WRC参戦は高山自動車短大の伝統であり、スピリットそのものなのです。

学生たちの「やりたい!」からはじまったビッグプロジェクト

世界ラリー(過去の参戦記録)

2016 APRCラリー北海道

21年目、新型車両が走る!場所は北海道・帯広

今年の学生メカニックは以下の4名です。下記参戦ブログを是非ご覧ください。
(メッセージなど、応援お願いいたします)

佐野志樹、麻野間宥太、高橋悟史、神野雅輝

高山自動車短期大学:APRC参戦速報

2015 APRCラリー北海道

今年20年目という節目の参戦!場所は北海道・帯広

今年の学生メカニックは以下の8名です。下記参戦ブログを是非ご覧ください。
(メッセージなど、応援お願いいたします)

本多 和樹、佐々木 光、市村 要、髙田 智之、向 真生、川端 克彰、中田 憲明、西村 和記

高山自動車短期大学:APRC参戦速報

2014 APRCラリー北海道

19年目の舞台も、昨年に引き続き北海道・帯広

今年の学生メカニックは以下の6名です。下記参戦ブログを是非ご覧ください。
(メッセージなど、応援お願いいたします)

内野 省吾、角谷 雅太、木村 領太、小池 陽介、小松 瑛典、田野邉 大

高山自動車短期大学:APRC参戦速報

2013 APRCラリー北海道

18年目の舞台も、昨年に引き続き北海道・帯広

2013年の学生メカニックは以下の11名です。下記参戦ブログを是非ご覧ください。
(メッセージなど、応援お願いいたします)

荒井 拓弥、稲葉 晃一、今井 健太、片岡 誠、亀川 博史、小島 諒太郎、竹若 茉莉、田牧 慎也、津下 雄紀、兵頭 琳太、牧野 圭志

高山自動車短期大学:APRC参戦速報

2012 APRCラリー北海道

17年目の舞台も、昨年に引き続き北海道・帯広

17年目の世界ラリー参加は『APRCラリー北海道』。2年次の4月早々から実践ラリーの授業と放課後のトレーニングで腕を磨いた学生たちが、一丸となって挑んだ結果、APRC15位という結果に!! しかも、これまでWRC15戦、APRC5戦の計20戦、17年連続完走という学校全体の願いも叶えてくれた好成績でした。
2012年の学生メカニックは以下の8名です。

秋山 晴哉、伊東 太壱、唐澤 翔、佐藤 慶典、佐野 佑樹、高橋 学希、名川 洋右、並木 翔、(50音順)

高山自動車短期大学:APRC参戦速報

2011 APRCラリー北海道

16年目の「世界ラリー」の授業の舞台は北海道・帯広!

メカニックとして参戦を予定している学生は以下の7名。
4月から「実践ラリー」の授業と放課後のトレーニングに日々励んでいます。

2年
石井 カウエ ユヒ、吉田健作、新井裕史、赤澤弘光、池尻祥平、岩堀良平、矢入広基、

高山自動車短期大学:APRC参戦速報

2010 APRCラリー北海道

参戦中止となった昨年の悔しさをバネに14回目の参戦

高山自動車短期大学としてのラリー参加も15年目を迎える2010年は、本学のラリー参加活動の原点ともなるWRCラリージャパンin北海道への参戦を決定しました!
今後の参戦詳細は下記ブログに掲載。開催中はもちろん、参戦までの道のりもレポートしていきます。

高山自動車短期大学:APRC参戦速報

アブダビ・スピリット・オブ・ザ・ラリーを受賞!

なんと、参戦15年目のWRC(昨年はAPRC)にて、アブダビ国より「アブダビ・スピリット・オブ・ザ・ラリー」賞を受賞!この賞は、大会において「最もWRCを盛り上げかつ観客の注目を浴びたか」という特別賞です(ちなみに審査の対象として競り合ったのが、今回総合2位になった、ペター・ソルベルグでした)。このような名誉ある賞を受賞した大学は、世界で唯一でしょう。WRCの公式ホームページ内でも、アブダビ賞を受賞したチームとして動画で紹介されています。

高山自動車短期大学:APRC参戦速報
高山自動車短期大学:APRC参戦速報

2009 APRCラリー北海道

連日の特訓が十勝平野に見事な軌跡を描いた!

2009年のAPRCには夏の北海道・十勝を舞台に、合計27台のエントリー車が技と力を競いました。本学の学生メカニックたちはWRC参戦中止の悔しさから途切れかけた気持ちを切り替え、深夜までの整備練習を積み重ねて北海道へ。参加車の3割がリタイヤする厳しい状況の中、見事に2台とも完走を果たしました。

高山自動車短期大学:APRC参戦速報

2009 APRCラリー北海道

※2009年は新型インフルエンザの関係でオーストラリアへのWRC参戦を断念。急遽、APRC北海道への参戦を決定しました。

2008 APRCラリー選手権

連日の特訓が十勝平野に見事な軌跡を描いた!

ラリーの現場では何が起きるかわかりません。デフがいかれた。サスがへたった。ラジエーターがやられた。そんな極限状況ではそれぞれ個人の本質があらわれるもの。ギリギリの状況下にありながら、チームを完走へと導いてきた力は仲間達との信頼関係です。自分一人だけではとうてい到達できない目標も、仲間と一緒なら達成できる。だから最短の時間で最高の整備を。そして競技最終日、くぐったゴールは仲間達全員のもの。だからこそここで得た勲章にはずっしりと重みを感じます。

高山自動車短期大学:APRC参戦速報

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

高山自動車短期大学

〒506-8577 岐阜県高山市下林町1155番地 TEL : 0577-32-4440(代表) FAX : 0577-32-4081

ページの先頭へ戻る