自動車工学科の概要

自動車工学科が新しくなります

より高度で専門的であるためには、より多くを学びさらなる向上を求めて学習し続ける姿勢が大切です。つまりそれは本学の2年間で整備士としての基礎を固め専門知識と技術を習得すると同時に、自動車を取り巻く社会やさまざまな分野を複合的・複層的に捉える視野を持ち、その中に自分の関心や興味を追求して、幅広く多彩で多様な学びを経験することです。 本学では、履修上の制限をより少なくするため自動車工学科の専門分野別コース枠を撤廃し、一年次・二年次を通して幅広い科目履修ができることを目指しました。

エンジンの構造から動力伝達機構まで総合的に学ぶ【自動車工学の分野】

なぜクルマは動くのか?といった自動車工学の基礎から、エンジンやトランスミッション、サスペンション、ブレーキなどクルマのあらゆる分野の構造を学び、検査・測定の知識や機器の取り扱い、実際の整備技術に至るまで、実習・実験と合わせて広く習得します。先端メカニズムや制御システムに関してはもちろん、環境問題や安全対策、情報通信などについても総合的に学びます。

エンジンの構造から動力伝達機構まで総合的に学ぶ【自動車工学の分野】

二輪のメカニズムやモータースポーツに関連する分野です。四輪に加えて二輪関連の授業が多く開講されているのが特徴で、たとえばオフロードでは全日本トライアル、サーキットに関しては全日本ロードレースなど、これからの実習、研修、見学を通じて二輪の楽しさを学んでいきます。二輪が好きで、二輪の整備を自分でしたいと希望する人、将来バイク関係の会社に就職を希望している人にお勧めです。

職人技を身につけたボディー・リペアのプロになる【車体整備の分野】

自動車がハイブリッド、電気自動車、燃料電池車に変わっても、ボディの鈑金塗装に関する需要は変わりません。ここでは自動車整備に加え、鈑金塗装の基本技術を習得することができます。業界で求められる鈑金塗装の基本技術をしっかりと身につけるためのカリキュラムが組まれています。

先端カーエレクトロニクスの専門家を目指す【自動車電子の分野】

いまやハイブリッドカー、電気自動車、燃料電池車などの次世代自動車は電子制御の知識が不可欠です。ここでは自動車工学の内容に加え、ハイブリッドカー、電気自動車、燃料電池車などのメカニズムや制御機構をより詳しく学びます。普通科などの出身で、電気・電子関係の知識が無くても、基礎からしっかりと学べるようにカリキュラムが組まれています。